キンドル・アンリミテッド(読み放題サービス)オススメの理由

1%しぼり

Amazonキンドル著者ページ YouTubeチャンネル インスタグラム【日常】 インスタグラム【FUGA】 50フーガの記録

キンドル・アンリミテッド(読み放題サービス)オススメの理由

KindleUnlimitedアマゾン読み放題サービス



日本では2016年8月3日に提供開始となりました。



◆このサービス開始を知って、いいなあ・・・と思いましたが、私はKindle端末を持っていません。

よく説明を読むと、スマホの専用アプリ(無料)でも読めることが分かりました(知らなかった!)。



何でも試してみないと良し悪しは分かりませんからね。

そもそもこのサービスは安いのですが(月額980円)、それでいて初回の30日は無料ですからね。

スマホで読めるし、タダで30日も試せるし、申し込まない手はないでしょう!

というわけで、翌日の8月4日に申し込んだのです。





◆本日は2017年3月28日(火)

もう半年以上もKindle Unlimitedを利用していることになります。


最初は好きな野球の本を片っ端から読んで・・・

次に紙の本を何冊か出している人のビジネス書を読み・・・

それから個人のキンドル本をドンドン読んでいきました。






◆外国人のキンドル本も100冊以上、目を通しました。


私は別にスラスラと英語を読めるわけではありません。

特に癖のある英語で書かれた本などは?????です(笑)

キンドルの翻訳機能が便利なんですよね。

これをバンバン使って概要を把握するようにしています。





◆結論からいうと、キンドル・アンリミテッドはオススメ!


趣味本を楽しむのもいいですが、特にビジネスの情報収集源としてはヒジョーに安い!

モトなんてスグに取れます。

使い方によっては短期間で相当な利益に繋がるんじゃないでしょうか。






◆紙の本には「余計な情報」が多すぎる


ビジネス書は「実用本」です。

要点だけに絞ってくれるとありがたいのですが、それだとペラペラの本になります。

どうしてもページ数を膨らませるために「余計な情報」を混ぜることになり、それが全体の95%を占めている本も珍しくありません。


でも、「余計な情報」が娯楽性を高める側面もあります。

実際、そうした本を求める読者が多いのかもしれません。


ですから本屋に並べる体裁等を考えると余計な情報が混ざるのは仕方ないですね。


そんなわけで「使える情報」を早急に欲しい人にとって、従来のビジネス書はあまり効率のいいツールとはいえなくなってきているのが現状です。






◆個人出版のキンドル本には要点ギッシリ!


個人出版のキンドル本を読み始めて気づいたことは・・・

とても読みづらい本が多いということです(^^;)


複雑怪奇な珍文?で書かれた本もあります。

変なところで改行していたり、唐突に前の話に戻ったり・・・(私も反省しないと!)


しかし、要点がギュッと詰まっているんですね。

著者の過去トーク等は必要最小限に抑えられています。

ズバッと要点から始まる本もあります。


だから、読んだあとで「使える情報」をピックアップしやすいんですね。






◆自分が出版する際もKindle Unlimitedをフル活用!


2016年8月4日にKindle Unlimitedを申し込みました。


それから様々な本を読み漁って・・・


個人出版のキンドル本も次々と読んでいるうちに自分でも出してみたくなったのです。



2016年10月18日に「キンドル本を自分も出してみよう!」と決意。


「キンドル本の出版」に関する本を30冊ほど「Kindle Unlimited」で一気読み。



すぐに書き始めて・・・

2016年10月28日に1冊目を出版しました。


最初の1ヶ月で8冊を出版。

今では合計26冊の本を出しています。






◆Kindle Unlimitedに申し込んでいなければ?


キンドル・アンリミテッドを申し込んでいないパラレルワールドの自分を想像してみます。


「アンリミ」に申し込まなければ、キンドル本を読むことはありませんでしたからね。

キンドル端末が必要と思い込んでいましたから・・・

なにしろキンドル本を検索したことすらなかったのです。



2016年8月~10月にかけて電子書籍を読み漁りましたが、「アンリミ」が登場しなければ、そんな行動はとっていないことになりますね。


もしかすると、別のキッカケから「スマホでもキンドル本を読める」と知って読み始めたかもしれません。


でも、個人出版のキンドル本には辿り着いていないのでは?と思います。


ビジネス書を読むにしても、大手出版社から何冊も本を出しているような、割と有名な人の本から手を出しているはずだからです。


「アンリミ」でも最初は大手出版社のビジネス本を読んでいます。

それらを大量に読んだことでスタンダード形式のビジネス本に少し飽きたんです。


それからようやく・・・

個人出版のキンドル本を読むようになりましたからね。





◆個人本を有料で買うのはギャンブル!

個人出版のキンドル本を1冊ずつポチポチと買う、これは「ギャンブル要素」が高いです。

ハズレを引いてしまうかもしれないからです。

1冊の価格は数百円です。まあ安いものですが、「アンリミテッド」を申し込んでからのように、何百冊も次々と読むわけにはいきませんからね。



別のキッカケでキンドル本を出そう!と決めても、関連本を30冊も買って読むことはしていないでしょう。

そうなると当然、情報量が少ないので迷ったでしょうね。


おそらく、キンドル本を出したいと思っても、現実にはまだ1冊も出していないのではないでしょうか。






◆自らのキンドル本を出し始めて20冊以上になりました。


アンリミテッドを利用していなければ、今のような「現在」にはなっていないと断言できます。


そうすると現在、毎日発生している数千円の「印税収入」は「ゼロ」ということになりますね。


キンドル・アンリミテッドを申し込んだ世界では「印税収入が毎日数千円」。

一方、申し込んでいない世界では「印税収入ゼロ」。





◆キンドル・アンリミテッドは最初の30日は無料です。


継続しても翌月から月980円。


この安い費用から得られた対価としては非常に大きいといえるでしょう。


以上、Kindle Unlimitedをオススメする理由を長々と説明させていただきました。


是非お試しください。

30日間は無料ですからね!


合うか合わないか、気軽にチェックできると思います!






◆本出版を決意した際、30冊の「キンドル本出版」に関する本を読みました。


その30日を1日で全て読んだのです。


キンドル本は幾つかの理由により「速読」がしやすいです。

あなたがKindle Unlimitedを試す際は、ぜひ私の「速読法」もトライしてみてください。


※キンドル・アンリミテッドを申し込まなくても単体購入も可能です(低価格)。





キンドルEASY速読法コンプリート版



book004-333500-01.jpg
◆Amazonランキング◆電子書籍制作・ベストセラー1位◆趣味・実用1位◆自己啓発1位◆倫理学・道徳1位◆人文・思想1位◆起業・開業1位◆起業家1位◆ビジネス・経済2位◆投資・金融・会社経営2位◆全キンドル本12位◆







◆あなたもキンドル本を出版しませんか?


キンドル本出版にゼロからトライした経験と方法をギュッと本に詰め込んでいます。

ぜひ参考にしてください。


どれも「キンドル・アンリミテッド」、読み放題対象です(単体でも廉価販売中。これで印税収入源を作れると思えば安いもの・・・と考えます)。






キンドル本出版の実況中継



ストレスフリーライティング


自己宣言の技術





それではまた書きます~

今後、キンドル・アンリミテッドで読んだ本を紹介していこうと思っています。


よろしくお願いします!






キンドル・アンリミテッド(30日無料お試し)

関連サイト・本アフィリ・忍者ボタン

Amazonキンドル著者ページ YouTubeチャンネル インスタグラム【日常】 インスタグラム【FUGA】 50フーガの記録 1%しぼり>>TOP>>


海外の豪邸

【BASHAR】バシャール名言【連続再生】


キンドルアンリミテッド30日無料お試し

活動報告